「ケージーエス製品 私はこう使う!」第10回 - お知らせ - ケージーエス株式会社

視覚障害者用福祉機器と精度の高いソレノイドの開発生産、産業用機器から民生用機器まで

「ケージーエス製品 私はこう使う!」第10回

社会福祉法人 全国盲ろう者協会
使用機器:点字ラベラーBL-1000
使用内容:郵便物・名札への点字ラベルの使用


ユーザーの方々にケージーエス製品の活用方法を語っていただく『コラム「ケージーエス製品 私はこう使う!」』

今回は全国盲ろう者協会が点字ラベラーを使用している様子を伺ってきました。
「盲ろう者」という見えない/見にくい、聞こえない/聞こえにくい方々のサポートのためにどんな工夫をして作業しているのか。どうぞご覧ください。


 全国盲ろう者協会

全国盲ろう者協会



協会からの郵送物を送るときに利用しています

点字ラベラーの使用用途としては、協会からの郵送物を送るときに利用しています。
点字使用の盲ろう者に対して「この封筒は全国盲ろう者協会から来ているんだな」ということが分かるように、封筒に「全国盲ろう者協会」と書いたり、「全国盲ろう者大会 第1報在中」と書くことで、「協会から来た」ということと「中身が何であるか」ということを書いて貼っています。


封筒へ点字シールを貼る

封筒へ点字シールを貼る

どこからの郵便物なのか開けてみないと分からないというよりは、開ける前に分かるように使っています。
協会から資料をお送りする際には、希望の文字種を聞いています。
点字・墨字のほか、Word・Text・PDF・デイジー(デジタル録音図書)を収録したCDを用意しています。特にCDの場合、CDケースに直接点字を打刻できないので、点字ラベラーは欠かせない存在となっています。


作業の様子

作業の様子

協会へ登録している盲ろう者約900人に対し、点字利用者は、約200人です。
視覚障害者の点字利用者は全体の1割といわれていますが、協会に登録している方だけ見れば、それよりも高い割合かもしれないですね。



 かなり作業時間の短縮になっています

今年(平成28年)の全国大会では参加者約800名に対して名札を配りましたが、名札全部に、「名前」、「どの都道府県から来たか」を点字で貼りました。
盲ろう者と会ったときに、名札を差し出せば、誰か分かるようになっています。


全国大会用の名札に点字シールを貼る様子

全国大会用の名札に点字シールを貼る様子

以前は点字タイプライターで封筒やタックペーパーに1文字1文字手作業で打刻していました。
点字ラベラーを使うことでかなり作業時間の短縮になっています。




点字ラベラー BL-1000はだれでも・手軽に・点字ラベルが作成できる機器です。パソコンに接続し文章を入力し、付属のソフトウェア「Brl Label」で点字の知識がなくても自動点訳機能で点字ラベルが作成できます。

メーカー希望小売価格
\61,560(税込)
詳細はコチラ



Tag: コラム 仕事 BL-1000

「ケージーエス製品 私はこう使う!」第10回

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional